消臭?除菌?トリミングでよく聞く、オゾンシャワーってどんなもの?

そもそもオゾンシャワーの『オゾン』ってなに?

オゾンは自然界にも存在しています。よく耳にするのはオゾン層ではないでしょうか?大気を浄化する作用があり、紫外線から私たちを守ってくれています。

オゾンは酸素(O2)を原料にして作られます。オゾンの化学式はO3。酸素原子(O)が3個くっついたもので、とても不安定な状態です。そのため3個のうち1個を何かにくっつけて、もとの安定した酸素(O2)に戻ろうとします。

臭いのもとになっている物質や、雑菌とくっついた時に強い酸化力を発し、消臭や除菌などの効果を発揮します。オゾンはフッ素に次ぐ強い酸化力を持ち、殺菌力は空気中では塩素の1.65倍、水中では7倍と言われています。また、木材や布など、ほとんどの材質のもので効果を得ることができるため、病院やレストラン、家庭の中など様々な分野で利用されています。

オゾンは酸素のみが原料なので、時間の経過とともに自然に分解され、酸素に戻るため残留毒性がありません。このように、作用した後に物質そのものや気体が残ることがないので、安心して消臭・除菌・洗浄ができます。

オゾンはウィルスや細菌の核そのものに働きかけ、破壊や分解をするため、耐性菌が発生する心配はありません。また、悪臭を他の臭いで包み込みごまかすだけの芳香剤と違い、悪臭のもとをオゾンで分解するためより高い消臭効果が得られます。

 

オゾンシャワーにはどんな効果があるの?

 

 

当院で導入している『ナノバブルオゾンペットシャワー』は、オゾンナノバブルにより、殺菌・洗浄・脱臭や皮膚疾患の治療や予防に効果があります。

シャワーヘッドから直接オゾンナノバブルが出るため、汚れをしっかり落としたいけど、高齢だからマイクロバブルバスのようにお風呂に浸かったり、時間のかかるオプションは体に負担がかからないか心配という方や、単純にうちの子お風呂に浸かるの苦手なんだよな~という方、猫ちゃんにもおすすめです!

 

 

 

 

<オゾンシャワーの効果>

・余分な皮脂を分解・洗浄。ふんわり仕上がります。

・細菌やウィルス、寄生虫などを殺菌・洗浄。

・ペット特有の臭いを分解。

・被毛の表面に保護膜を形成してたんぱく質の流出を防ぎキューティクルの剥がれを抑えます。

じゅくじゅくの湿疹やカサカサの湿疹、脂漏症や乾性肌、マラセチア・黄色ぶどう球菌などの細菌類やウィルス、寄生虫など皮膚の改善や予防に大変効果があります。

 

うちの子の皮膚の状態はどうかな?どのようなケースにオゾンシャワーがおすすめなの?

<膿皮症など感染症を起こしているケース>

<脂漏症など皮膚や毛がべたべたしているケース>

皮膚が赤くなったり、べたべたしたりしていませんか?

オゾンシャワーには除菌や皮脂を分解・洗浄する効果があるので普通にシャンプーするよりも、オゾンシャワーをプラスすると、よりすっきり清潔になります。痒みが強かったり、赤み・べたべたの程度によっては診察をして治療した方がよい場合もありますが、軽い症状であればオゾンシャワーを使って洗浄することで、改善することもあります。もちろん治療と並行してオゾンシャワーを使用することも、とてもおすすめです。

また、皮脂・汚れがしっかり落ちていると、乾きが良いのでブローの時間が少し短く済み、その分わんちゃん・猫ちゃんの負担も軽減できます。個人的な感想ですが、オゾンシャワーを使うと汚れがよりしっかり落ちる、抜け毛がよく取れる印象があります。

皮膚が弱い子だけではなく、シャンプーが久しぶりで汚れが気になる子や、換気期で抜け毛が気になる子にもおすすめです!