心臓病の症状 ~咳~

心臓病の犬の症状に、咳が挙げられます。

咳をしているから心臓病というわけではありませんが、なんで心臓病では咳が出るのでしょう?

 

第一に

心臓が大きくなって、気管を圧迫刺激するからです。

第二に

心臓が悪くなって起きてしまう心原性肺水腫、この主症状は呼吸困難ですが、湿った咳を伴なうことがあります。

 

実際のX線写真で見比べてみましょう!

正常な犬の心臓のX線写真です。

気管は圧迫されていないのが分かります。

 

 

次に心臓病の犬の心臓のX線写真です。

心臓が大きくなっていて気管が背中側に圧迫されています。

 

そのほか、

咳は色々な原因で起こってきます。

① 気管や気管支の問題

…代表的な病気では、気管虚脱、気管支軟化症、気管支拡張症、また慢性気管支炎などでも起こります。

また、感染症になりますが、いわゆるケンネルコフと言われる犬伝染性気管・気管支炎では咳が起こります。

(猫では喘息などが挙げられます。)

② 肺炎

…肺炎(誤嚥や感染によるものなど)

③ その他

…肺挫傷、肺捻転など

 

この様に、咳は心臓病のほか、気管など呼吸器系の疾患でも起こります。

咳が気になるような時は心臓や気管などの検査をして、確認をしていきましょう。