心臓の検査

<実施タイミング>
・心臓病の症状が認められた場合
・身体検査で心雑音や不整脈が聴取された場合
・健康診断(好発犬種や好発猫種は特に)

<目的>
・心臓病があるか
・どういった心臓病なのか
・診断された心臓病の重症度はどのくらいなのか

<検査項目>
胸部レントゲン、心臓超音波検査、心電図検査、血圧検査、バイオマーカーなどがあります。

①胸部レントゲン
心臓の変形(局所的に大きくなったりしていないかどうか)や大きさを評価します。
その他、肺水腫がないかどうかを評価しています。

正常な犬

心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)の犬
心陰影は大きく見え、肺は全体的に白っぽく変化しており、肺水腫を起こしています。

②心臓超音波検査
心臓の機能的評価を行います。
心臓内部の弁の逆流や狭窄が生じていないかどうかを確認し、同時に心房心室の拡大や心筋壁の肥大を評価します。
また、猫では血栓がないかどうかを見ています。

正常な犬

 

心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)の犬
僧帽弁閉鎖不全症の犬では僧帽弁が厚くなり、きちんと弁がしまっていません。

 

正常な猫

 

心臓病(肥大型心筋症)の猫
肥大型心筋症の猫では左心室の壁が厚くなり、内部が狭くなっているのが分かります。

 

③心電図検査
不整脈や心拡大が存在するかどうかを評価します。

正常な心電図。

④血圧測定
高血圧になっていないかどうかを確認します。

正常な血圧(オシロメトリック法)

⑤バイオマーカー 血液検査
うっ血性左心不全にともなう左心房の拡大、心室の負荷、心筋障害が評価できます。
心臓のエコー検査やX線検査とともに行います。

⑥その他
動物の状態によって血液検査や甲状腺ホルモン検査、また胸水が貯留している時などは胸水検査など、上記の検査と併せて実施します。

これらの検査を組み合わせて、心臓病の診断をしていきます。