犬も猫もかかる尿の病気、細菌性膀胱炎

細菌性膀胱炎とは

犬や猫でトイレに行く回数が増える、トイレに行っても少ししか尿が出ない、尿に血が混じっているといった症状が出ることがあります。いくつか原因はありますが、その中でも多いのが膀胱炎です。

膀胱炎になる要因はいくつかありますが、細菌感染による膀胱炎を細菌性膀胱炎と言います。細菌性膀胱炎は、犬猫共にみられますが犬においては急性膀胱炎のほとんどが細菌感染であり、猫では犬に比べて少ないです。

原因

細菌性膀胱炎の犬猫の尿で、原因となる菌は主に大腸菌やブドウ球菌です。これらは腸や皮膚にいる細菌で、通常であれば体がもつ細菌に対するバリアー機能により感染は起こりません。

しかしバリアー機能が様々な要因で妨げられると、尿を体の外に出すための通り道(尿道)から細菌が膀胱へ到達し、感染が成立してしまいます。

身体のバリアー機能として、まず尿を出す時に細菌も同時に排出することで細菌が膀胱へ到達するのを防いでいます。そのため尿が出づらくなると細菌を尿と一緒に出すことができずに感染を起こしやすくなります。

尿自体も抗菌作用を持っており、濃い尿は細菌が増殖しにくくなります。猫は犬よりも尿を濃くする能力が高く、このことから猫は犬に比べて細菌性膀胱炎の発生が少ないとされています。

また尿道は細菌が膀胱に向かうことを防ぎ、細菌が定着しにくい構造をしています。そのためメスに比べて尿道の長いオスは細菌が膀胱に到達しにくく、さらにオスだけにある前立腺から出る分泌物が菌の増殖を抑制することから、オスは細菌性膀胱炎の発生がメスに比べて少ないとされています。

そして、膀胱の粘膜も細菌を定着しにくくなっているため、腫瘍などにより膀胱の粘膜が傷つけられると粘膜から出る分泌物が少なくなり細菌に感染しやすくなります。

さらに尿が出る部分に便が付着しやすくなるオムツや、細菌の増殖しやすい環境を作るマナーウェアも細菌性膀胱炎になりやすいです。

 

症状

症状は感染した細菌の種類や経過、合併症の発生により異なり症状の激しいものからほとんど症状のないものまで様々です。

細菌性膀胱炎のみで全身症状が現れることは少なく、主な症状としては量の少ない尿を頻繁に排泄、排尿の際に痛みが発生、血尿、腐敗臭を伴う濁った尿などがあげられます。

しかし、膀胱に感染した細菌が腎臓にいってしまった場合は、腎盂腎炎と呼ばれる腎臓の病気になる場合があります。その場合、障害の程度により食欲低下や発熱などの全身的な症状があらわれることもあります。

また、慢性的に膀胱炎が続くことにより膀胱内にポリープも形成されることがあります。

赤い〇のついているものが膀胱内のポリープになります。

さらに細菌性膀胱炎は、結石形成の要因にもなります。

犬における膀胱結石、特にストルバイト結石と呼ばれるものは、7割近くが細菌感染によるものです。これは、感染した細菌が尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解することで、尿がアルカリ性になりストラバイトが溶けにくくなるためとされています。

 

治療

赤い〇のついているものが尿中の細菌になります。

細菌性膀胱炎の治療は基本的に感染している菌に対して抗菌剤を選択して投与することです。尿を採取してその尿を顕微鏡で見た時に白血球や細菌が認められた場合、細菌性膀胱炎と診断します。

しかし、この段階では何の細菌が感染しているか分からないので、細菌培養同定検査を行って原因となる菌を特定することもあります。これにより、膀胱に感染している菌に効く適切な抗菌薬を選択することが可能になります。

細菌培養同定検査をしてから抗菌薬の投与というのが理想的ですが、細菌培養同定検査は結果が出るまでに数日かかるため、獣医師の判断で抗菌剤が投与されることもあります。

急性の細菌性膀胱炎は2-3週間の抗菌剤投与が必要となるケースが多く、再発しやすいため、決められた期間しっかり投薬することが重要です。

もし腎臓も感染を起こしている場合は4~6週間の投薬が必要になることもあります。

急性の膀胱炎の治療を行なっていても治らない場合や再発を繰り返す場合は原因が多岐にわたることがあり、治療にかなり時間を要するケースもあります。その場合でもしっかりと管理していくことで発症を抑えることが可能です。

 

予防

予防としては、膀胱に細菌が侵入するリスクをできる限り減らすことが基本となります。

そのために、排泄により汚れやすい陰部やトイレ清潔に保ったり、飲水や排尿のしやすい環境を作ることが細菌性膀胱炎の予防として大切です。

例えば、飲水量を増やしたいなら飲水する場所を増やす、水が循環するタイプの飲水器を使用する、ウェットフードに変えてみるなどがあります。

また、トイレに関してもトイレの数を増やして様々なところに設置する、トイレの砂を変えてみるなど試してみるのも一つです。

 

細菌性膀胱炎は、比較的よく見られる病気です。適切な治療で治ることも多いですが、再発することも多いので、まずは予防を徹底してもし膀胱炎を疑われる症状が出た場合は、動物病院にご相談ください。