X線検査セミナー

こんにちは。動物看護師の藤咲です。
先日、「良いX線写真の撮影方法」についてのセミナーに参加しました。

レントゲン検査は人間の健康診断でもよく受ける検査です。動物も同じように撮影することがありますが、撮影方法によって評価の度合いが変わってしまうため、撮影時の保定、スピードがとても大切です。

動物の体格・性格・症状、撮影部位によって適した保定方法が変わってくるため、その子その子に合った保定が重要になることを改めて学びました。
また、綺麗なレントゲン写真を撮るだけでなく、動物へのストレスをできる限り少なくすることも欠かせません。

検査はとても不安になると思います。
皆さまの大切な家族である動物たちへの負担を減らし、ご家族へ分かりやすい説明をするためにも、撮影時の保定はとても重要です。

普段の保定にも活かせる内容が数多く学べる貴重なセミナーでした。