先輩に聞く!動物看護師ってどんな仕事?

皆様は『動物看護師』という仕事にどんな印象をお持ちでしょうか?

今回は動物看護師として働き始めて3年目、後輩もでき、リーダーを任される立場となり毎日奮闘する看護師さんにインタビューしてみました。

 

動物看護師になったきっかけは?

小さいころから動物が大好きだったので、動物に関係する仕事をしたかったのですが看護師というのは定まってはいませんでした。

看護師を目指した一番の理由は中学生の時に飼っていた愛犬が椎間板ヘルニアになってしまい、歩けなくなるんじゃないかと不安が大きかったです。その時にいった動物病院の動物看護師さんがすごく優しくて、動物にも家族にも寄り添ってくれる優しいお姉さんというイメージで安心しました。

その経験から私も看護師さんになりたいと思いました。

主な仕事内容は?仕事をするうえで心がけていることは?

動物看護師としての主な仕事は、診察などで獣医師の補助、動物の保定、検査、手術の補助、入院患者の看護等です。

保定をする時はその子の性格を把握して接したり、ご家族の反応なども確認しながら処置を進めるようにしています。そうすることで動物の負担を減らすことができると思っています。

全体の業務としてはなるべく待ち時間を少なくできるよう心がけています。

入院看護に関してはケージ内での様子の確認をしっかりして、インフォームシートなどを使い、詳しくご家族にお伝えするようにしています。そうすることで動物だけではなく、ご家族にも寄り添えると思います。

ご家族の説明には優しい印象を持ってもらえるように柔らかい話し方をするように心がけていますが、焦ると早口になることがあるので今後も気を付けていきたいです。

獣医師との違いは?

病院によって動物看護師としてできることは違うとは思いますが、当院では色んなことをやらせてもらえる環境です。但し診察、手術、薬の処方など治療をすることができません。

ご家族とのコミュニケーションを獣医師よりも多くとることができるのでヒアリングがしやすかったり、獣医師にはうまく話せなかったことも動物看護師には安心して話せることもあるので、なるべくご家族の不安を取り除けるようにお話を聞いています。

今までで大変だったこと・楽しかったこと・やりがい・印象に残っていることは?

『大変だったこと』

入社してすぐの頃検査を覚えるのが大変でした。内容を把握できていない状態で検査をしたりしていたので、やり直しをしなければいけなかったりと、時間がかかり過ぎでしまっていました。

また、初めて夜間救急の対応をした時は、急変した子に対して必要な処置を即座に判断する先生についていけず、同時にご家族のフォローもしなければいけないことがうまく出来なかったのが悔しかったです。

『楽しかったこと』

一番は色んな動物と毎日会えることです。色んな性格の子がいるので毎回面白いなって思います。こういうことが楽しかったと言うよりは、毎日楽しいです。

『やりがい』

ご家族から相談を受けた時など、先ほど獣医師との違いでも話したように、病院内では一番ご家族と近い存在なので、たくさんのお話を伺いながら、それに合った提案ができます。

例えば投薬方法に困っているご家族がいたら、その子の性格に合わせた方法を提案します。そうすることで、動物が良くなったりご家族のストレスを軽減できたりと良い方向へ進むととても嬉しいです。

『印象に残っていること』

働き始めてすぐに重症の患者が入院しました。少し前までは立つことができていたのに急変して痙攣を起こして倒れてしまい、あっという間に容態が悪化しました。初めての救急対応だったので今思い出すとすごく慌てていたと思います。その時先生に「救急の時だからこそ、落ち着いて」と言われたことがとても印象に残っています。自分が焦っているとご家族にもその不安は伝わりますし、救急対応の手順にミスが生じることがあります。今でも救急対応をする時は必ずその言葉を思い出します。

動物看護師として働く上で大事にしていることは?

一番は動物を不安にさせないことです。自分が不安そうにしていると、その感情が動物に伝わってしまうのでできるだけ安心できるようにすることを大事にしています。例えば、話をする時は柔らかい感じを意識しながらはっきりと明るく話すようにしています。また、状況に合わせてなるべく笑顔で対応するようにしています。

病院外でもお散歩中のご家族と会った時は挨拶をします。「ご家族の顔と名前をきちんと覚える」というような事を常日頃意識するようにしています。

動物看護師を目指していた頃と現在のギャップは?

学生時代、基本的な業務内容はわかっていたけれど、ご家族への対応について深く考えていなかったと思います。動物への接し方等は考えていたけど、ご家族への対応もとても大事である事を知りました。今までの経験から、好きだけではできない仕事だと思います。

けれど、動物へのかわいいという感情が変わりました。学生の頃はただ『好き』『かわいい』でしたが、今は色んな動物と触れ合って、色んな性格があることなどを踏まえてかわいいと思うようになりました。愛情が深くなったと思います。

国家資格化に何を期待するか

責任や業務内容が増えると思います。今はまだ「獣医師の隣にいる人」と表現されることがあります。国家資格になったら、動物看護師という仕事が広まって欲しいです。人の看護師と同じくらいの認識になったら嬉しいです。

今後の目標は?

今できる仕事のレベルを維持した上で、更に向上していきたいです。そして広い分野のことができるようになりたいです。それと、学生時代からやってきている介在教育を動物病院で行うのは難しいかもしれませんが、いつか形にできたらいいなと思っています。そこに動物看護師として携わっていきたいです。

最後に動物看護師を目指している人へ

命に係わることもあるので楽しいことばかりではありませんが、やりがいもあって楽しい仕事です。実習と実際に働くのではいい意味で違うので、是非動物看護師になって欲しいです。