お腹のしこり?でべそ? 臍ヘルニアと鼠径ヘルニア

“愛犬や愛猫のお腹を触ったら、しこりのような物が出来ていて触ると柔らかい”

それはもしかしたらお腹のヘルニアかもしれません。

ヘルニアとは、体の組織が正常な位置から別の場所に脱出している状態をいい、お腹のヘルニアの場合、内臓を保護するお腹の膜に穴が空いており、そこから腸の一部や膀胱、脂肪などが外に出てしまうことを言います。

この穴は、生まれつきあいているものや事故などであいてしまうことがあります。

お腹のヘルニアは、様々な部位で起こり、その中でも太腿の付け根(鼠径部)に起こるものを鼠径ヘルニア、おへそで起こるものを臍ヘルニア(いわゆる”でべそ“)と呼びます。

鼠径ヘルニアも臍ヘルニアも部分的にポッコリと膨らみますが、その部分は弾力があり、大きさは人の小指サイズのものからこぶしサイズのものまで様々です。

 

原因

・鼠径ヘルニア

鼠径部には鼠径輪と呼ばれる穴があります。いくつかの要因によりこの穴から臓器が飛び出すことで鼠径ヘルニアは起こります。

要因としては生まれつきのもの(先天的要因)と、成長過程で起こるもの(後天的要因)があります。

先天的要因としては、生まれつき鼠径輪が大きいことや、生まれた時にお腹にある精巣が陰嚢におりてこない(潜在精巣)ことによる鼠径輪の閉鎖の遅れがあります。

後天的要因としては、食べ過ぎや肥満、妊娠により腹圧が高くなることや事故や外傷によるもの、鼠径輪付近の筋肉が薄いことなどがあります。

また、外傷によらない鼠径ヘルニアは避妊されていない中年齢の雌犬あるいは若齢の雄犬(2歳齢以下)で最も多く発生するとされており、猫では稀です。

・臍ヘルニア

臍帯(へその緒)がお腹の外に出る穴を臍帯輪と呼びます。

この穴は臍帯が外れた後閉鎖しますが、穴が大きかったり、閉鎖が不十分であるとこの穴から組織や臓器が飛び出して臍ヘルニアは起こります。

臍ヘルニアは若齢の動物で多く、通常先天性でエアデール・テリア、バセンジー、ペキニーズなどの一部の品種では遺伝性であると考えられています。

臍ヘルニアも鼠径ヘルニアと同様、猫では少なく犬ほど見られるものではありませんが、猫で発生するヘルニアの中で最も多いのが臍ヘルニアです。

症状

症状は、空いている穴の大きさや飛び出ているものの種類やその状態により異なります。

軽症のものでは、穴が小さく、飛び出しているものが脂肪組織で痛みもないため、ほとんど気付かれないこともあります。

重症のものでは、空いている穴が大きく、そこから脂肪組織に加え子宮や膀胱、腸管などが飛び出すことがあり、痛みが生じる場合があります。

腸管が飛び出してしまうと食欲低下や嘔吐、下痢などの症状が引き起こされる場合があり非常に危険です。

さらに、飛び出ているものは押せばお腹の中に戻ることが多いですが、戻らない状態(嵌頓)だと、その部分で腸管が閉塞したり、出血やうっ血を起こすことにより壊死してしまう場合があり、命に関わる危険性があるためこの場合は早急に外科的処置が必要です。

また、膀胱が飛び出てしまうと排尿ができなくなってしまうこともあり、この場合も早急に対処が必要です。

治療

ヘルニアが小さく、飛び出ているものが脂肪組織といった場合は、手術をせずに経過を観察する場合もありますが、腹圧の上昇などでヘルニアが広がることもあるので避妊・去勢などの手術を行う際に、同時に整復を行うことが望ましいでしょう。

ヘルニアが大きい場合は腸や膀胱が飛び出ることで命に関わる危険性があるため手術が必要となります。嵌頓状態になっていたり、尿路が閉塞してしまっていたりする場合は緊急的に手術する必要があります。

手術の内容としては、飛び出しているヘルニア内容をお腹の中に戻す、あるいは切除して、空いている穴を塞ぎます。

手術自体の難易度は高くなく、よほど大きなヘルニアでなければ再発はほとんどありませんが術後に強い腹圧がかかるなどトラブルがある場合には再発のリスクもあります。

しかし、嵌頓状態になり腸が壊死してしまっていた場合は、その壊死している部分を切除し、腸管同士を縫い合わせる腸管端端吻合の必要があるため、難易度がとても上がります。

臍ヘルニア・鼠径ヘルニアには予防法がありません。そのため、日常的に愛犬や愛猫のお腹を触り、もしポッコリとしたものが触れるのであれば、病院を受診されることをお勧めします。将来的な合併症を防ぐためにも早期に発見し、治療することが大切です。